ローズまりえの薔薇色の東南アジア転職生活

通称 転々虫と呼ばれるくらい東南アジアで転職を繰り返しています。

STATIC

東南アジアのプライベートバンキングヘッドを採用

元ゴールドマンサックスのプライベートバンカーを採用し、東南アジアビジネスをリードしています。 

スイスの民間銀行は2020年2月17日、Jaius Moo(写真下)がシンガポール支店長としてJulius Baerに入社し、規制当局の承認が必要であると金曜日に発表しました。Julius Baerに入社前、Mooは20年以上ゴールドマン・サックスに在籍していましたが、近年では東南アジアとオーストラリアの個人資産管理責任者を務めていました。

Mooは、2020年1月1日付で、インドおよび先進市場の銀行長として新しい役割を引き継ぐTorsten Linkeの後任となります。MooとLinkeの両者はJulius BaerのAPAC及び東南アジアの代表であるJimmy Leeにも報告します。

米国-ASEAN特別サミットは何ができるのか?

ホワイトハウスの国家安全保障アドバイザーであるロバート・オブライエンは、ドナルド・トランプ米大統領が来年米国で開催される米国とASEANの特別首脳会議に東南アジアの指導者を招待したことを報じました。これは、以前に検討されたアイデアの最初の公開開示であり、まだ検討の初期段階ではありますが、米国-ASEAN特別サミットがトランプ政権の東南アジア政策発展に関連しており着目する価値があります。

米国-ASEAN特別サミットのアイデアは新しいものではなく、同様のサミットが過去に米国管理下で開催されました。 2016年にサニーランズでバラク・オバマ大統領は、米国のアジア政策における東南アジアのプロファイルを引き上げた、一連の動きを抑えるために努めました。米国当局はまた、小地域の重要性及びオバマ政権が参加した際にワシントンが公約したASEAN首脳会議への年次出席を維持することの難しさの両方を認識して、トランプ政権の下でこれを繰り返すことを以前に検討していました。トランプ氏が2017年に出席した一方で、マイク・ペンス副大統領が2018年に代理出席し、今年はワシントンがEASに参加して以来最下位の米国代表団がアジア首脳会議に出席しました。同様に、ほとんどの東南アジア諸国は、それに対応して米国-ASEANサミットでの代表レベルも格下げし、注目を集めました。

今週初め、このアイデアは再度注目を集め、オブライエンが東南アジアの指導者たちへのトランプ氏からの招待を伝えました。オブライエンの読み上げた手紙によると、トランプ氏は東南アジアの指導者たちに、「2020年の第1四半期」の相互に都合取れる日時に、指導者が「非常に重要な事項に関する協力を拡大し深める」「またとない機会」を得られる特別サミットに参加する機会を提供すると発表しました。招待は、米国が今年のASEAN首脳会議に持ち込んだ一連の項目の1つであり、もう1つの注目すべき事項は、国務省が発表したFOIPビジョンの開発に関する進捗報告です。

しかし開催された場合でも、特別米国-ASEAN首脳会議はさほど重要なものではありません。米国にとって、それはトランプ政権に今年の首脳会談のパフォーマンスの後、より広く自由で開かれたインド太平洋(FOIP)ビジョンの中で、特に一般的に東南アジアの特定の諸国に与えられた重要性を強化する機会を提供します。また、中国や日本などのアジアの大国と比べて、小地域がアメリカの精神にあまり焦点を当てていないという事実を考慮すれば、国内の幅広い米国国民にとってその重要性を示すことが可能です。東南アジア諸国にとって、トランプ政権に対する懸念に関係なく、ワシントンの役割に関する不確実性の中でより断定的な中国に直面している米国の該当地域へのコミットメント及び、深化する有用な出口の両方の鮮明な実証となります。これには様々な米国の利害関係者との関係や事業、教育機関、東南アジアのディアスポラコミュニティなど、彼らの利益に関連する非政府関係者を含まれます。

同時に、サミットには課題があります。米国の選挙年度中に10人のASEAN指導者全員を米国に派遣すること自体が簡単なことではありません。もちろん、あらゆる面で他の優先事項の中でスケジュールを調整するなどの管理上の問題があります。しかし、二国間関係の問題の中で、カンボジアのフン・セン首相の中国への漂流、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の麻薬戦争やミャンマーのアウンサン・スーチー氏のロヒンギャに対するアプローチなど米国における特定のASEAN指導者の存在について、米国議会や権利団体などの米国国内の利害関係者によって提起された実質的な問題もあります。米国の選挙年度中にこのサミットを実施することは、さらに複雑な要因になる可能性があります。そのような環境は、サミットの側面が政治化されるリスクを高め、サミットの行動とその形成を形作ることができる「アメリカファースト」の傾向を強める可能性があります。

仮に、これらの課題がうまく対処できたとしても、トランプ政権の東南アジア政策のためにサミットができることには限界があります。単一のサミットでは、東南アジア諸国が米国に関して抱えている実質的な政策上の懸念に完全に対処することは期待できません。その多くはサミットのスコアキーピングを超過しており、地域の権力バランスの変化や、貿易や同盟などの問題に関するトランプ自身の個人的な「アメリカ・ファースト」の傾向など、他の考慮事項にまで及びます。また、サニーランズサミットと比較すると、これは外交的関与への強調の高まりを賞賛するものではなく、米国が他の領域で利益を得ているにもかかわらず、東南アジアへのアプローチの該当分野で失われた根拠を回復する機会を、より多く獲得することになることが予測されます。

これはすべて、象徴的な根拠であろうと、より実質的な根拠であろうと、米国または東南アジア諸国の、特別米国-ASEAN首脳会談の潜在的な利点を損なうものではありません。しかしこれは、これまでのトランプ政権のより広範な地域へのアプローチの文脈で、関与の潜在的な重要性の考慮を検討する必要があり、認識された機会を現在する課題と制限と比較検討する必要があるという事実を補強します。

東南アジアとオセアニアで恩返しをする社員たち

2019年10月及び11月に開催されるSamsung Love&Careは、東南アジアとオセアニアにおいて、恵まれない若者達への支援提供を目的とした社員ボランティアプログラムです。

10月には、300人を超えるボランティアが地元NGOと協力し、様々な国でのアウトリーチ活動に参加しました。ボランティアグループは、Samsung Electronicsの東南アジア&オセアニア本部の社員及びその家族で構成され、Samsungの「Enabling People」というグローバル市民のビジョンに従い、若者に教育の機会を提供し、学習環境を改善するために活動しました。このイニシアチブは、特にラオス、ニュージーランド、タイの社会経済的水準の低い地域に住む、若者の教育インフラストラクチャーと福祉への投資を促進しました。

10月17日、Lao Samsungは、Samsungのタブレットを使用した手話教室のために、30人の社員ボランティアを首都のビエンチャンキャピタルスペシャルスクールに派遣しました。同社ラオス支部は、学校での図書館設立をすでにサポートしており、手話学習アプリHANDMEをインストールした6台のタブレットを提供し、勉強中のろう者や言語障害のある学生の学習機会改善を目的として、400冊以上の教科書寄付を行いました。

10月23日、Samsung New Zealandの社員43人が、Samsung Love&Careプログラムの一環として、オネポト小学校に向かいました。近年、学校付近の再開発が学校の敷地及び施設の減少を引き起こしていたため、ボランティアは改修の取り組みに貢献を試みました。Samsungの社員は、屋根の修理、座席エリアの雨樋装着、構造物への新規塗装を行いました。Samsung New Zealandはまた、デジタル化をサポートし、次世代の教育機会を改善するために、ギャラクシースマートフォンとタブレットを学校に提供しました。

10月3日、Samsung Thaiの社員70人及びその家族が、チャンタブリー県のバンスアンソン学校へ訪問を行いました。学校に通う生徒のうち約30%が、月100米ドル未満で生活している世帯に住んでおり、学校は政府機関や地元の慈善団体からの支援を得るのに苦戦しています。Samsung Thaiは、学校の老朽化した建物の改修支援、図書館の設置、教育ツールとして使用するUHDテレビを教師に提供しました。

Samsung Love&Careイニシアチブについて話すと、息子と一緒に活動に参加したSamsung ThaiのK.Thananchaiは、「今日参加したCSR活動とゲームは、お互いをよりよく理解し、同僚との絆を深めるのに非常に有効な手段でした。同僚の、仕事に向き合う熱意やこれらのコミュニティに還元しなければならないという願望を目の当たりにするのは素晴らしい経験でした。」

Samsungは東南アジアとオセアニアでボランティアプログラムを展開し続け、カンボジアとミャンマーはSamsung Love&Careプログラムの今後の目的地に選ばれます。今年、本プログラムは、地域全体で約3,500人の人々の生活状況改善に勤めることを期待しています。

東南アジアの反ダム運動

タイおよび周辺のコミュニティは、ダム建設に人権を考慮するよう要求するため組織作ることを学んでいます。

20年以上にわたり、東南アジアのコミュニティは水力発電開発の拡大による脅威に直面していきました。ダムは、主要な開発アジェンダとして東南アジア諸国の政府によって正当化されており、これは膨大な利益を生み出し、貧困緩和に貢献しています。例えば、ラオスやミャンマーなどの近隣諸国への投資によるタイのエネルギー消費の拡大は、タイのエネルギー安全保障を維持することを目的とし、エネルギー輸入増加に向けて設計された傾向の一つです。ラオスは「アジアのバッテリー」とされていますが、水力発電は国の開発アジェンダを支配しており、近隣諸国への電力販売は政策立案者間での主要な議論です。ミャンマーは昨今のトレンドに追いついており、炭鉱とダムの両テーマは国家開発アジェンダにリストされています。

国家開発プロジェクトとしてのダムのアジェンダは、東南アジアの意思決定者と企業により推進されていますが、市民社会組織(CSO)とコミュニティは、投資家のよる多大な責任を要求する、対抗的な物語を提唱しており、ダム開発と並行して説明責任と人権の尊重を望んでいます。

タイのカンスーテンと反ダム運動

タイとASEANを横断する反ダム運動の連合とネットワークは増加しており、タイでは北部のカンスーテンダムに対するコミュニティの運動が広く知られています。 「成功した反ダムモデル」と称賛され、数千のコミュニティカンスーテンのヨム川のダム建設を30年以上遅らせることに成功し、東南アジアで最も遅れたダムとされています。タイで唯一の黄金のチーク林保護区を脅かすプロジェクトとしてのカンスーテンダムの枠組みは、運動の成功を体現しています。こうしてコミュニティは、強い連帯感を表明し、自然保護に取り組んでいます。

コミュニティは、11月2日にカンスーテンとの戦いの30周年を祝賀し、樹木条例の整理、守護霊への敬意表礼、川の祈りの儀式、および戦略を共有するコミュニティフォーラムが行われました。反カンスーテンダム運動のカリスマ的指導者の一人であるカムナン・チュムは、「カンスーテンダムとの私たちの戦いは、土地と豊かな資源に溢れるコミュニティの間で、我々の強い連帯感と統一されたスタンスを証明しました」と発言しました。

「私たちの家は、木、土地、川の資源なくしては、何も残りません…これが私たちの遺産です」とカムナンは続けました。

カンスーテン運動は、タイ全体および東南アジア全体で成功モデルとして広く知られており、他のネットワークと結びつくことにより説明責任の議題及びビジネスと人権がその土台となっています。アクティビズムは、ダム投資家や過去の世界銀行などの財務担当者に説明責任を要求すると同時に、該当地域におけるタイや中国などの外国投資家の説明責任を求めてきました。カンスーテンネットワークは、人権と開発、コミュニティの権利の向上と密接な相互関係を示しています。

10月下旬にタイのルーイ県で、コミュニティ、CSO、および学者がメコン川の土手に集まり、川の守護者の礼拝をはじめとする祈りの儀式を行いました。ナーガの守護霊からの祝福と保護が求められ、コミュニティは希望、感謝、悲しみ等の感情を共有しました。いつか、ザヤブリダムはメコン川の反対側にあるラオスで操業を開始します。このダムはタイの投資家によって支援されており、電力の95%以上がタイに輸出されます。そして、タイへの電力輸入を増やし、エネルギー安全保障を維持するためにタイ政府によってこのダムは正当化されています。

ザヤブリダムが建設された場合数千に及ぶメコンコミュニティが影響を受けます。メコンの影響を受けたコミュニティが提起した訴訟は、タイの行政裁判所で係属中ですが、建設の日は先に伸びています。訴訟は、ラオスとタイの国境のどちら側に関係なく、不規則な洪水や川の流れの変動などの国境を越える影響がメコン川沿いの生計を変えると主張しています。

8つのメコン州のタイのピープル・ネットワークは、ザヤブリダムの問題に注目を集めるために、ルーイ県で川の祈りと公開フォーラムを開催しました。ダムは、流水ダムとして正当化されていますが、テスト運用及び建設期間中以来メコン地域のコミュニティでは、ダムの上流による流量の変動に関して影響が感じられています。

ザヤブリダムは、タイの国家開発アジェンダの一部としてリストされています。タイの投資家は、電力を輸入するために近隣諸国のダムに資金を提供していますが、タイのピープル・ネットワークは、エネルギーの拡大及び外国からの輸入を増加させるという目標に批判的に疑問を投げかけています。タイのエネルギー埋蔵量が世界標準の3倍であるのに、なぜタイの投資家は近隣諸国のダムをバンクロールしているのでしょうか。そして、なぜエネルギー効率の政策と計画を完全に実施可能でタイの代替エネルギー計画も完全かつ効率的に展開できるのに、電力輸入を増やす必要があるのでしょうか。

タイのメコンの8つの州に沿った反ダム運動には、タイ北部のチェンライ県からタイ北東部のメコンコミュニティ(ナコンパノム、ルーイ、ウボンラチャタニなど)が含まれます。この運動は、影響に関する地元の論争と証言、メディアの擁護、コミュニティの調査と文書化、河川資源と持続可能な生計に対する権利を主張する訴訟など、ザヤブリダムに対する抵抗の複数の戦略を含んでいます。これらの動きは、タイの投資家とASEAN地域の地域政治経済の一部における、大きな責任を要求する国のエネルギー開発アジェンダと国境を越えた擁護に対応する地元動員の間の密接な関わりを表しています。

東南アジアのダムに対する越境運動

域外義務監視連合(ETO監視)は、石炭鉱業や水力発電部門など、海外でのタイの投資の影響を監視しています。連合はザヤブリ事件のタイの投資家に、より大きな責任と説明責任を要求しています。最も重要なことは、ダムの影響を受ける地域社会が補償と救済策を利用できるようにすることです。タイの海外投資家を監視および規制するメカニズムがタイにないため、連合は、タイ政府がザヤブリダムの影響を受けたコミュニティを保護する義務を実証することを要求しています。

ETO Watchは、ラオスの水力発電のほとんどがタイの投資家によって所有され、投資されていることを、複数の文書、研究、事実発見プロジェクト、および調査を通じて実証しています。タイ銀行は、ザヤブリダムなどのラオスのダムプロジェクトの主要な資金提供者です。影響を受けたコミュニティへの補償なしでダムが前進している間、ETO Watchは、救済策と補償を提供することによりザヤブリダムプロジェクトへのタイの投資家が国際的な実践に従って責任を示すことを要求しています。さらに重要なことに、補償の権利と国境を越えた影響の大きさを認める補償スキームを設計すると同時に、コミュニティと協力を通して公開協議プロセスに参加することが必要です。補償と救済に対する同様の要求、および影響評価にコミュニティを含めることは、メコン川全体のダムに対するETO Watch Coalitionの擁護の中心的議論です。

ザヤブリダムだけではなく、ラオスのメコン川にルアンパバーンダム及びパクベンダムの計画が実施されています。 ETO Watch Coalitionは、メコン川沿いのコミュニティ支援を行い、ダムの建設と運営に起因する声、懸念、影響を提起します。投資家は、補償と救済に対するコミュニティの権利を検討に入れ、ダムの計画と意思決定プロセス全体を通じ、包括的なコミュニティへの参加を確保する必要があります。

ETO Watchは、タイの責任ある政府機関にロビー活動を行い、海外のタイの投資家を監視および規制するメカニズムを開発しています。提唱者の戦略の中心は、土地、天然資源、持続可能な生計に対するコミュニティの権利の枠組みであり、環境保護主義と人権アジェンダを結び付けることにあります。環境保護と地域社会の権利の懸念により、この運動は効果的に人権の課題を動員しタイの国家エネルギー開発の課題と海外の国境を越えた投資の説明責任に挑戦しています。連合は、人権が実施され、地域社会の救済に対する権利が尊重されるようにすることにより、海外のタイの投資家のビジネス行動を高めることを目指しています。

カンスーテンからASEANのダムや国境を越える運動に対するメコン運動まで、運動は地元の動員が人権と開発アジェンダを強く活用し、それらを国家および地域の政治経済の中心に置かなければならないことを示しています。 ダムに対する運動及び連合の高まりは、ダムが人々の生計と環境を破壊するというコミュニティからの強い姿勢を示しています。さらに。ダムのコストは、環境的コストだけでなく生計手段、食料安全保障、文化とアイデンティティの喪失でもあります。 東南アジア全域のダムに対する抵抗は、その損失が不可逆的であることを実証しています。

ソニー・インタラクティブがマレーシアで初の東南アジアのスタジオを設立

クアラルンプール(11月8日):通信およびマルチメディア省は、ソニーインタラクティブエンターテイメントワールドワイドスタジオ(SIE WWS)と提携し、来年マレーシアで初めての東南アジアのスタジオを設立したことを発表しました。

Gobind Singh Deo大臣は、「このパートナーシップが地域のゲーム産業の中核としてマレーシアを強く認識しており、マレーシアはSIE WWSと密に協力を行い、地域および地域のゲーム業界により多くの機会を創出します。そして、共にマレーシアの人材プールを高め、地元の教育パートナーとのパートナーシップを確立するために努力します」とマレーシアのデジタルエコノミーコーポレーション(MDEC)が主催する、ゲーム開発者向けの東南アジアトップ産業イベントであるLEVEL UP KL 2019でのスピーチで述べました。

また、Gobind大臣は、SIE WWSとの協力は、国内のゲーム産業の加速的な成長を支援することであるとも語ります。

Sony Interactive Entertainment Worldwide Studios Malaysia Sdn Bhd(SIE WWSマレーシア)は、SIE WWS活動の一環として、アートおよびアニメーションサービスを提供し、PlayStationプラットフォーム向けのグローバルな独占タイトルを開発します。

一方、Gobind大臣は、デジタルコンテンツ業界の強化に焦点を当てる新しいデジタルクリエイティブエコシステム(DICE)ポリシーが来年展開されることを発表し、「この新しい方針は、地元の人材と企業を開発および改善するために、国内外のより多くの投資を誘致するイニシアチブを導入することにより、デジタルコンテンツ産業の強化に焦点を当てます」と発言しました。

DICEポリシーは、デジタルコンテンツのエコシステムを強化し、これら制作物の輸出の可能性を高めることを目指しながら、市場調査と新しいコンテンツ開発をさらに促進することも目指しています。

輸出に関してGobind大臣はMSCマレーシアの年次および四半期の業界レポートによると、ゲームの輸出は、2014年から2018年の間に118%の複合年間成長率(CAGR)で681百万(通貨:マレーシアリンギット)成長したと報告されていると語りました。

国内には53のゲームスタジオがあり、その多くは地元のゲームを開発し知的財産制作に貢献している一方で、地元および国際的なプロジェクトの才能を育んでいます。

Gobind大臣はまた、「この業界が私たちのデジタル経済の重要な推進力になっていることは間違いありません。それ以上に、若者の多くがキャリアの選択という点で強い関心を持っているのは次世代技術です」と彼は言いました。

毎年開催されるLEVEL UP KLは、国内のゲーム産業の成長を通じマレーシアのデジタル経済を先導するMDECの使命の一部です。

目標は、ゲーマー、一般、ゲーム開発者、企業、およびeスポーツ向けのプラットフォームを作成し、この地域の主要な経済成長ドライバーとして最大のエンターテイメント市場で活用できるようにすることです。

LEVEL UP KL 2019は11月2日から10日にかけて開催され、東南アジアのゲーム業界及び一般市民向けのさまざまな活動が行われます。