ローズまりえの薔薇色の東南アジア転職生活

通称 転々虫と呼ばれるくらい東南アジアで転職を繰り返しています。

カンボジア、東南アジアの隣国が亡命者を拘束するとクーデターを警告

カンボジアは国境に軍隊を派遣し、欧州連合が経済的に重要視される貿易特権を検討する際にクーデターを企てたとして非難された反体制派を逮捕するよう近隣諸国に呼びかけました。

マレーシア当局は木曜日、Hun Sen首相の政権からの要請を受けて、クアラルンプール空港で禁止野党カンボジア国民救済党の副大統領であるMu Sochuaを拘束しました。カンボジアの指導者は1985年以来権力を握っており、あらゆる種類の武器を使用も厭わない覚悟で、野党のトップであるSam Rainsy率いるグループが独立記念日の土曜日にカンボジアへの帰国中止を約束しました。

Mahathir Mohamad首相が当初、マレーシアは Mu Sochuaを受け入れる国を探していると記者団に語った後、地元メディアは木曜日の夕方に入国管理局長のKhairul Dzaimee Daudがマレーシアへの入国を許可されたと報じました。

タイのPrayuth Chan-Ocha首相は、ASEANの「規則」に則るため、Sam Rainsyの入国拒否を命じました。木曜日に、Rainsyはパリからバンコクへの飛行機に搭乗する準備をして自分の荷物を梱包している写真を投稿しましたが、AP通信はフライトに搭乗できなかったことを報じました。なお、Sam RainsyとMu Sochuaの両名は4年間亡命しています。

「Mu Sochua、およびカンボジアの若者活動家であるKeith NgoeumとSeang Leang Hengの入国を許可するというマレーシア当局の決定を嬉しく思います」と元フィリピン国会議員でASEAN国会議員のTeddy Baguilatは声明を述べました。

カンボジアは、軍隊を「平和と安定を維持する」ために派遣し、政府関係者Phay Siphanは、逮捕が本当なら「ポジティブ」であると付け加えました。

更に、「カンボジア政府は、これらの人々がクーデターをリードしている組織犯罪であることを、すべてのASEAN諸国に伝えた」と発言しました。

拘禁は、欧州が権利悪化のためにカンボジアの特恵関税の地位を撤回するかどうかの決定を出すと予想される直前に行われますが、同時にこれは経済に影響を及ぼす可能性があります。カンボジアにとって欧州連合は最大の貿易相手国であり、2018年の全輸出の45%を占めています。

貿易決定

8月中旬、欧州連合は権威主義的な行動に関する調査を完了し、3か月以内に武器以外の貿易制裁を決定すると発表しました。カンボジアの50億ドルの衣料品部門は75万人を雇用しており、欧州連合は最大の市場です。

「CNRPの戦略の大部分は、Hun Senを過剰反応に陥れ、欧州連合がカンボジアの欧州市場への優先的アクセスを強要することです」とSebastian Strangio

は野党について言及しました。 「最終的な影響は、ここから何が起こるかにかかっています。暴力的とも言える取り締まりやRainsyの逮捕は、ほぼ間違いなくカンボジアのEBAの運命を封印することが懸念されますが、カンボジア政府はこれが起こらないことを保証するための行動を取っています。」

Hun Senは先月ヨーロッパ中部に到着し、同志のリーダーからのサポートを構築しました。しかし、彼はまた、数百万人の人々の生活に危険を及ぼす、急増するマイクロファイナンス債務からの不安の高まりと闘っています。

必要とされるあらゆる手段

水曜日ジャカルタにて、カンボジアへの帰国計画を発表する記者会見で、Mu Sochuaはカンボジアのインドネシア大使であるHor Namboraによってその報道を中断されました。同日、Sam Rainsyはタイの安全な通過許可をPrayuthに懇願していました。

Sam Rainsyは自身の要求について「苦しむ支持者と、彼らの社会の将来について民主的な議論の機会に値する、すべてのカンボジア人へ責任を感じる」と語りました。 9月26日、プノンペンの裁判所は、クーデターを起こそうとしたCNRPの主要メンバー8人を起訴しました。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが木曜日に発表した声明によると、カンボジア当局は、92名のCNRP活動家の容疑者及びその他を国家に対する陰謀、重罪を犯すための扇動、8月にSam Rainsyのカンボジア帰国を報道してからの司法決定の不信を含む、様々な容疑で、逮捕したと発表しました。

Strangioは「CPPは明らな脅威である」と首相の支配するカンボジア人民党について言及しました。 「2013年の選挙の前に、数十万人の支持者によってRainsyが帰国を迫られたときのことを繰り返し心配しています。 また、米国や他の西側政府がベネズエラを撤回し、大規模な蜂起が起こった場合に反対派の背後に彼らの支持を投じることがあるかもしれないと妄言していると思います。」と付け加えました。